HOME → 2016 → 12月

Monthly Archives: 12月 2016

スタッフブログ更新:大つごもり

セレモニースタッフの市野です。

「大つごもり」とは広辞苑によると1年の最終日とあります。

「つごもり」は月々の最終の日を意味し、「大」の字を前に付けると「大つごもり」となり12月31日だけを指します。

2016年もいよいよ終わろうとしています。

皆さん、12月31日の大つごもりをどう過ごされますか?大掃除は終わっていて、餅つきも終え、おせち作りも終盤、あとは神棚や仏壇の榊や仏花を新しくし正月飾りを整え、餅飾り、正月花をいける。お年玉や晴れ着を準備して・・・etc

そうこうして、午後遅くともなると、街なかは段々静まり返っていきます。

それから、、こたつでみかんとテレビ、年越しそばを食べて家族で氏神様に行きます。

除夜の鐘が聞こえてくる頃は、「あけましておめでとうございます。」
%e9%99%a4%e5%a4%9c%e3%81%9d%e3%81%b0

な~んて昭和の感じがします。

平成29年になろうとしています。

生活の様子も随分変化しました。

それでも神棚、仏壇、正月飾りと正月花をいける事、この事は守っていこうと思います。そうそう、プチおせち作りも(笑)
%e5%b8%82%e9%87%8e%e6%ad%a3%e6%9c%88%e8%8a%b12

今は年中無休の店や会社も多く男女とも忙しく働いています。

弊社もご用命があれば、休みなく稼働しています。

大つごもりを静かに過ごすことは、時として難しくなります。

ここにもう1人、その年の大つごもりを心がはり裂けんばかりに過ごした娘がいます。

大つごもりの日に、やむにやまれず奉公先からお金を盗んでしまったお峰。

その罪が露見されようとする時、お峰は死を覚悟します。

ところが、店の放蕩息子の石之助が、借用書を残しお金全部持ち去っていたのです。

お峰の罪をも背負い込んでくれた石之助にお峰は手を合わせ涙しました。

これは、樋口一葉の小説「おおつごもり」のあらすじです。

ここで物語は終わります。お峰が穏やかな心で正月を迎えられたのかはわかりません。

そうではなかったでしょうねたぶん。

申は去り酉来る_今年もあとわずか
忙しくても穏やかに健やかに新年を迎えたいものです。
%e7%94%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e9%85%89

スタッフブログ更新:妊婦さんのお葬式について

営業部の竹味です。
今回は【妊婦さんのお葬式について】お話をさせていただきます。

妊娠中に親しい方が亡くなってしまう事もあります。

葬儀にはたくさんのマナーがあります、妊娠中にはどうしたらいいのでしょうか?

妊娠中のマナーetc.を簡単にお話いたします。

まず初めに、妊娠中に葬儀に参列しても良いのか?ですが、もちろん参列しても構いません。亡くなった方を偲んでお別れすることを無理に我慢する必要はありません。

ただしつわりがひどい・お腹が張るなど体調がよくない時などは、無理に参列すると体に負担がかかってしまうので、参列は控え、体調が良くなってからお供えやお花を持って手を合わせて思いを伝えましょう。

葬儀の場はある程度人が集まるので感染症にかかったり、冬場であれば風邪やインフルエンザをもらう可能性もあるので考えましょう。

また遠方での葬儀に参列する場合は、ホテルに宿泊するなど、ゆとりをもって参列しましょう。

その際は必ず母子手帳・保険証を持参し、あらかじめ葬儀場近くの病院などを調べておくといいでしょう。

いずれにしよ、まずは自分の体調とお腹の赤ちゃんの事を第一に考えて参列するかしないかを判断しましょう。

次に妊婦さんお服装についてお話ししましょう。

お腹が目立たない時期であれば、普通の喪服を着用しても構わないでしょうが、出来るだけお腹を締め付けないものを着用した方がよいでしょう。

お腹が大きい妊婦さんは黒を基調とした服装であれば失礼にはならないでしょう。

マタニティ用の喪服も販売されてますが結構な値段がします。

また、冬場の寒い時期や夏場も冷房で冷えている可能性があるので、スカートでなく黒パンツ・黒ブラウス・黒ジャケットなどで参列しましょう。

足元の靴は転倒を防ぐため、かかとの低いものにしましょう。

妊娠中はヒールのない靴で参列しても問題ありません。

最期に昔からの言い伝えをお話しします。

お年寄りの方が、よく「妊婦さんはお腹に鏡を入れなければならない」と言います。

昔、妊婦さんは、葬儀に参列することもいけないとされていました。

葬儀にはたくさんの人が集まりますが、同じようにたくさんの霊も集まります。

なかには悪霊もいて、お腹の赤ちゃんに悪さをするからと言われています。

そこで鏡には強い魔力があると言われているので鏡面を外側に向けてお腹に入れておくと、赤ちゃんに悪さをしたり、赤ちゃんを連れて行こうとする悪霊を跳ね返せると思われていたんです。

さらしの腹帯に挟み込むのが一般的ですが、最近はポケットに鏡面を外側に向けて入れておく場合が多いです。

あくまでも言い伝えですので参考までに。

スタッフブログ更新:ハイキング、山歩き、ついでにお寺や神社へ

こんにちは、早くも師走を迎え寒さが増してきましたが、いかがおすごしでしょうか?

3回目のブログ登場の谷川です、宜しくお願い致します。

今回のブログの題材は「ハイキング、山歩き、ついでにお寺や神社へ」です。
%e7%8a%ac%e5%b1%b1%e5%b8%82%e7%a6%85%e5%b8%ab%e9%87%8e

さて、突然ですが高齢者を対象とした大規模調査では、週に約12時間のウォーキングやランニングをしている人は、記憶や認知能力の衰えが抑制されることがわかっています。

人は運動する事によって、脳内の血流量が増えていきます、それに伴い血液の中に含まれるいろんな栄養素もたくさん運ばれ、脳の神経細胞が活性化されるようです。

また神経伝達物質やそれを受け取る受容体も運動によって増加します、このことは神経内の情報伝達を円滑にして脳機能の衰えを防ぎます。

そして精神的な安定にも役立ち、快感情を生み出します。

前置きが長くなりましたがこういった知識をふまえて題材の「ハイキング・・・」にします。

天気の良さげな日を選び、今お住まいの所よりすこし足をのばして、2~3時間程度歩ける工程のコース「途中にできればお寺や神社がある)を探してみましょう。

必ずしも境内などを訪れる必要はありません、お参りが種ではなくあくまでも「ハイキング、山歩き」を楽しむ、「ついでに」よければというスタンスでしょうか。

そうして、ゆっくりと歩いていれば広い景色の中にお寺や神社などが見えた時、「想う事」がいろいろ浮かぶでしょう、友達や同行者とそういうことで話が弾んだ時にお寺であれば「お釈迦様やいろんな仏様」「ご先祖」、神社であれば「神様」に自然と手を合わせる事ができるでしょう。

リラックスして「歩く、運動する、会話をする、感謝を想う」、心理的にも体の健康や脳の活性化にも役立ちます。

それがきっかけになって冒頭の週12時間のウォーキングや健康体操、他のスポーツにつながればと思います。

スタッフブログ更新:火葬の際の約束事

こんにちは、セレモニースタッフの竹内です。

早いものであっという間に、12月になってしまいましたね。

今年もあと少しです・・・

今回は亡くなった方を火葬する際、棺に入れてはいけない品物を紹介します。

あの人が好きだったから入れてあげたい、という気持ちは分かりますが・・・

それが原因で大切な方を傷つけてしまうかもしれないので守ってもらいたいです。

_20161117_163921

これらを入れてしまいますと・・・

※大切な方のお骨に異物がつく、火葬時間が長くかかる、火葬炉の故障の原因になったり黒煙の異常発生となり環境を悪くしてしまうかもしれません。

※あと、ペースメーカーが入れたままの場合は火葬場の方に入っていることを伝えてください。
火葬場の方が作業をしている際に破裂してしまうと失明の恐れもあります。

こちらのことを守ってください。
それではこれで終わりです!!