スタッフブログ更新:釘打ちの事知っていますか?

こんにちは、セレモニースタッフの竹内です。

何年か前に四国の叔父が亡くなり、式に参列しました。

最後のお別れをし棺の蓋をした後、葬儀社の方が石を遺族に渡していました。

そして、蓋に遺族が先ほどの石でトントンと釘を数回打ってました。

この光景を見たことのない私は驚きました。

このことを調べたら釘打ちという風習だそうです。

釘打ちについて調べてみるといくつかの意味があるそうです。

・使用する石は「三途の川の河原の石」を意味し、石に宿る呪力で死霊を封じるという意味
・故人様に「迷わず成仏してください」という安らかな冥福を祈る意味
・遺族の方の気持ちにも区切りをつけ、故人との未練を断ち切るという意味

今は、釘打ちをする地域は減っています。

このような風習に立ち会えてよかったと思います。

勉強になりました。

家名
物故者
喪主
お通夜日時
告別式日時
会場
備考

※ご許可を頂きました方のみ掲載しております。