スタッフブログ更新:写真は思い出の栞

こんにちは、セレモニースタッフの綾乃です。

日に日に夏を肌で感じる様になってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は、いずれやってくる夏本番に戦々恐々としながら日々を過ごしております…。

さて、私はここ数週間、『メモリアルコーナー』なる物を作成しておりました。

手短に説明をすると、故人様の愛用のお品や、大切な写真を展示するためのコーナーですね。

地道にコツコツ作業を続け、やっとこさ一段落着きました! 

まだまだ改善の余地はありますが、渾身の力作(笑)と言っても良いでしょう。

そのメモリアルコーナーもいくつかの葬家様で使って頂き、頑張って作った甲斐があったなぁと思っております。

展示された写真を指さしながら故人様との思い出を振り返る、ご家族様や会葬者の方々。

そんな光景を見て、私の脳裏にとある言葉が浮かびました。

「写真は思い出の栞」

…とある漫画のキャラクターが言っていたセリフなのですが、確かにそうだよなァと。

普段は記憶の引き出しに仕舞われてしまった些末な思い出も、写真を見ることによってフッと蘇り、あとは芋づる式に色々な事が回想されます。

その回想の中に登場するのは、全て縁あって出会った人たちであり、そこには亡くなってしまった方も居れば、今を生きている方もいるでしょう。

今を生きる方の中には、親交の深い方も居れば、縁が薄くなってしまった方もいるのではないでしょうか。

写真を通して自身と繋がる縁を再確認し、彼岸此岸関係なく思いを馳せる…。

駆けだした思いというのは、亡くなられた方に対しては供養となるでしょうし、今生の方々に対しては縁の栄養分になりうると私は思います。

読みかけの本に栞をはさむように、自身の人生に写真という栞をはさむ。

今日日、写真を残すことが容易な時代となりました。

どうぞ皆様、何気ない日々にも栞をはさみ、時々はその栞を手に取ってみてはいかがでしょうか。

image1

家名
物故者
喪主
お通夜日時
告別式日時
会場
備考

※ご許可を頂きました方のみ掲載しております。