スタッフブログ更新:お葬式用のメイクについて

セレモニースタッフの間宮です。

今年も残り僅かになりました。

皆さん風邪など引いていませんか?

本日は葬儀に参列する際のお化粧についてお話ししたいと思います。

葬儀はフォーマルな場になるのでメイクにもマナーがあります。

派手なメイクはもちろんダメですがノーメイクでの参列もマナー違反です。

ノーメイクは顔色が悪く見え、心身共に疲れているご親族様よりも顔色が悪く見え、ノーメイクで参列するのは良くないです。

お葬式の時のメイクの事を「片化粧」と呼びます。

片化粧ではチークや口紅を使わないという考えもあるそうです。

なぜ、口紅を使わないのか?

「悲しみのあまり、紅をひくことができませんでした。」という由来があると言われています。

また、ラメやパールの入っているアイシャドウは避け、つけまつげ、アイライン、マスカラも注意しましょう。

爪もマニキュアであれば除光液で落とせますが、ジェルネイルなど簡単にオフする事ができない場合は葬儀用の黒い手袋をして参列するとよいでしょう。

葬儀の場に相応しいメイクでマナーを意識したメイクを心がけましょう。

『葬儀にはナチュラルメイクで』

30.12.21ブログ画像

家名
物故者
喪主
お通夜日時
告別式日時
会場
備考

※ご許可を頂きました方のみ掲載しております。