スタッフブログ:てるてる坊主

こんにちは。営業部の中野です。

6月と言えば雨というイメージがあります。今年は例年より早く

この地方は梅雨に入って、ジメジメした日が続いています。

子供の頃、遠足や運動会など楽しみな行事があると晴れてほしいなぁと

てるてる坊主を、何度か作った記憶があります。

てるてる坊主の由来は、江戸時代に中国から来たと言われています。

紙を切って作った人形で、手にほうきをもっています。雨が降り続いた

ときに、この人形を門や軒先などに吊るすなどすると、空を掃いて

やがて晴れになるというものです。

天気予報で、雨が降り出す時刻までわかる現代に、てるてる坊主の

効果は、どうかという気もしますが、歌にもあるように

『明日 天気にしておくれ』と願いを込めて作るところに夢があって

いいのかも知れませんね。

家名
物故者
喪主
お通夜日時
告別式日時
会場
備考

※ご許可を頂きました方のみ掲載しております。